NALOVE-log

カテゴリ:写真( 212 )

ときはめぐる

b0182104_1034988.jpg


ボクの人生はシンプル

以前はそう思っていたし
そうありたいと願っていた

けど、生きていくということは
単純ではないんだなぁ



去年の今頃こんな記事を書いた

「日は沈み、また昇る」


去年が沈みきった一年だったなら
今年は昇るための一年だった


ときはめぐる


高低があるから人生は楽しい♪

だからこそ生きていける♪

おもしろいね^^



2012年はもっともっと大冒険だ~!!
[PR]
by nalove-kem | 2011-12-31 10:03 | 写真

二月堂 3

b0182104_10172059.jpg

トワイライトタイム

実際は写真で見るよりもっと複雑で
階調が美しいグラデーションだった

帰りに南大門付近でムササビを見た
これで2回目^^
[PR]
by nalove-kem | 2011-11-22 08:16 | 写真

二月堂 2

b0182104_10102723.jpg

夕日が沈む頃、奈良の街に灯がともる

シルエットに変わる東大寺と
その先、逆三角形に見える町並み
[PR]
by nalove-kem | 2011-11-21 08:09 | 写真

二月堂 1

b0182104_1011581.jpg

二月堂の夕日は綺麗だ

この場所、この時間、
なぜか不思議な気持ちにとらわれる

日没まで物思いにふけってみたりする
[PR]
by nalove-kem | 2011-11-20 12:50 | 写真

法隆寺 金剛力士像 2

b0182104_1036444.jpg

色褪せた姿が、なお美しい吽形像

威嚇する戦闘態勢が見る者に緊迫感をあたえます

独特の姿勢と、一度見たら忘れられない表情

仏師のこだわりを感じる素晴らしい仁王像です
[PR]
by nalove-kem | 2011-11-16 10:36 | 写真

法隆寺 金剛力士像 1

b0182104_1030852.jpg

法隆寺中門の阿形像です

日本最古の仁王像でありながら
その完成度は素晴らしいの一言

悠久の歴史を感じます
[PR]
by nalove-kem | 2011-11-15 08:12 | 写真

秋の斑鳩 5

b0182104_1054428.jpg

不意打ち!

まさかこんな焼け方するなんて!

火の鳥が現れたと思ったら
すぐに空一面が赤く燃え上がった^^


もし薄雲がなかったら
どんな焼け方になったのだろう
[PR]
by nalove-kem | 2011-11-12 08:37 | 写真

秋の斑鳩 4

b0182104_10315822.jpg

法起寺にて夕焼けを待った

でもこの日は曇りだったので
焼けることはないだろうと思っていた


そろそろ帰ろうかなぁって歩き出す


大勢のカメラマンがそれでも夕日を待っていた

長年の感覚でわかるのだろうか?


瞬間、空が朱に染まりだした
[PR]
by nalove-kem | 2011-11-11 10:31 | 写真

秋の斑鳩 3

b0182104_10151623.jpg

道すがら発見した中宮寺宮墓
立て札があるところが入り口

中宮寺の6人の皇女の
お墓が奉安されているらしい

時間がなかったので中には入っていません

あしからず
[PR]
by nalove-kem | 2011-11-10 08:14 | 写真

秋の斑鳩 2

b0182104_9532919.jpg

中宮寺近辺の土壁の中に
瓦が埋め込まれていました

瓦の紋様は中宮寺のものと同じ

いつの時代に埋め込まれたのか?
元々壁の高さがそこまでだったのか?
壁を作るとき必然的にそこに入れたのか?

想像するとおもしろい
[PR]
by nalove-kem | 2011-11-09 08:36 | 写真